健康食品やサプリメントの注意点

かつては、サプリメントや健康食品は、薬局やドラッグストアでなければ買えませんでしたが、最近はネットショップなどでも入手できます。前より買いやすくなったこともあって、サプリメントや健康食品を活用する人が増加しています。特定保健用食品は厚生労働省の認可を受けていますが、それ以外にも体質改善や栄養補給に効果があると言われている健康食品はたくさんあります。健康や美容への効果をうたってはいるものの、実際にはそれほど体には影響がないというサプリメントや、健康食品もあります。人によっては、健康食品を使って深刻な弊害が出たという人もいます。体調をよくするためにと健康食品を購入し、せっせと飲んでいるにもかかわらず、それで体調を崩しては、悔しい話です。サプリメントや、健康食品を使う人が多くなった分、副作用や過剰摂取の弊害事例もふえており、中には深刻な症状を訴える人もいるといいます。健康によくない理由が、健康食品の成分そのものにあったという例もあります。体質には個人差がありますので、口コミサイトで高評価だった商品が、使ってみたら全くだめだったということもあります。使い方に記載されていた方法を守らずに、一度に飲み過ぎてしまったせいで、トラブルが発生する事例もあります。アガリクスのトラブルは、その代表的な例です。アガリクスの飲み過ぎて、肝機能障害で命を失った人がいます。ダイエットのために白インゲン豆を食べて、下痢や嘔吐の症状を訴えた例もあります。この時は、白インゲン豆がしっかり加熱されていなかったといいます。健康な体をつくるための健康食品が、健康を損ねる原因になったという話しは珍しくありません。健康のためにサプリメントや健康食品を使うのですから、どう使えば体にいいかを理解して、指定の通りに正しく飲むように心がけましょう。
40代主婦が未経験からプログラミングを学んで稼げるの?おすすめプログラミングスクールも紹介!