ガラケー人気は根強い

スマホはどんどん新機種が出ていますが、ガラケーはすっかり息を潜めてしまいました。しかし、こんな状況下でもガラケー人気は根強く、ガラケーを使い続けるユーザーは一定数いるのです。
彼らがガラケーを使い続ける理由は、とても明確です。ボタンの方が押しやすい。操作が簡単。電池の持ちが良くて丈夫。通話しやすい。私の主人もガラケーを貫く一人です。もう何年使ったか分からない主人のガラケーは、液晶の一部が表示不良で黒くなって見えない状態ですが、それでもスマホは嫌だと言います。
そこで、私がスマホに機種変更する前まで使っていたガラケーが確か実家の押し入れにしまってある事を思い出しました。早速週末に実家へ帰り、探してみると、大切にしまってありました。男性でも使える黒だし、2年使っただけなのでかなりきれいだし、不具合もありません。主人のことだから、壊れるまで使ってくれるでしょう。
ネットを見ると、中古のガラケーの買い取りや販売をしている通販がいくつか出てきます。スマホにした後も古いガラケーを手元に置いている人は多いですよね。私のガラケーは主人が使うことで、ガラケーの第二の人生?が始まりました。これはよいことですよね。
プログラマ 向いていない