終活の一部!中高年の全身脱毛事情

近年、40~50代で全身脱毛をする人が増えているのをご存知ですか?ひと昔前は、脱毛と言えば美容目的の若い女性がするものと思われていました。しかし最近では中高年の脱毛サロン・クリニック利用者が増加し、今注目を集めているのです。その理由は、将来の介護準備。ここでは全身脱毛と介護の関係についてご紹介します。
・一番の理由は、下の世話を少しでも軽くするため
自分が介護されると考えたとき、一番抵抗があるのは下の世話をしてもらうことではないでしょうか。オムツをとり、股を拭いてもらう。この処理は、寝たきりになっても決して平気と思えるわけではありません。恥ずかしく、少しでも早く終わらせてほしいと思ってしまうんです。
女性なら経験があるかと思いますが、例えば生理のとき、血液が毛についた状態でかたまってしまって、辛い思いをした経験はありませんか。下の世話をされる場合、尿や便を介護士さんに処理してもらうことになります。この時、便が毛について取りづらかったりすると、介護士さんはふやかして取るのに手間と時間がかかりますよね。そして、おしりを出したままのあなたも、とても恥ずかしく、申し訳ない気持ちになってしまうはずです。
中高年の全身脱毛は、介護士さんのこの手間を少しでも軽くし、罪悪感を軽くするために、将来への準備として行われているのです。
・介護される=全身くまなく見られてしまうということ
年老いて介護施設にお世話になると、体の全てを介護士さんに預けることになります。体を拭いてもらう、お風呂に入れてもらう、薬を塗ってもらう、そしてオムツの世話をしてもらう。そのとき、手入れされていない自分のあられもない姿を見られる恥ずかしさを軽減するためにも、ムダ毛処理をあらかじめ済ませておくことはメリットと言えるのです。
特に人気なのはVIO(デリケートゾーンのみ)の脱毛ですが、一部分だけを脱毛すると境目の毛が残ってしまう、その部分だけ毛がなく不自然、というデメリットもあります。日頃から腕や足のムダ毛処理も行って肌が傷んでいる方も多いので、将来の準備として全身脱毛に挑戦することをオススメします。
神戸ビューティークリニック 口コミ