FXやインジケーターの専門用語が覚えられない

色んな分野には専門用語があると思うのですが、FXも同じく専門用語が多いですよね。しかもそれがまた難しいんですよね。なかなか覚えられない…。

その中でも私が最初にぶつかった壁は、「インジケーター」と「サインツール」という単語です。割とインジケーターとサインツールってセットで出てくると思うのですが、(私がそう思うだけ?)何が違うのか初見ではイマイチ分かりませんでした。そこで、色んな方の解説を読みながら、私なりに説明していきたいと思います。

まず、FXにおけるインジケーターとは、チャートに表示されるツールで、取引のタイミングを可視化してくれるものだそうです。

ローソク足だけを眺めていても未来を予測して取引するのはかなりハードルが高いですよね。そんな時にサポート役として活躍してくれるのはありがたいですね。

さらに、インジケーターは種類が豊富なので、複数同時に使用しても良いんだそうです。たくさん使いすぎるのは逆に混乱を招いてしまうのでダメだと思いますが、適度に使用して、取引しやすく出来るのもありがたいです。

一方のサインツールとは、売買のタイミングを矢印で示してくれるものだそうです。これだけを見ると、インジケーターよりも明確に取引のサインを示してくれるような気がします。こちらは矢印を出すことがメインなので、そこまで種類は多くなさそうですね。優柔不断な私にはありがたい。(笑)

今回は「インジケーター」と「サインツール」について調べていきましたが、まだまだ専門用語が出てきそうです…。ちゃんと使いこなして取引が出来るようになるのか不安ですが、少しずつ理解して取引の機会を増やしていきたいと思います。

参考サイト